車上荒らし

先週末、弊社スタッフの親友が車上荒らしの被害に遭遇しました。
その日は、付近で短時間のうちに連続して数台の車上荒らしが発生しており
カーセキュリティの警報音が鳴り響く中、偶然、犯行を目撃した人が、果敢にも犯人を捕らえようと行動をおこしたのですが、結果、逃げる犯人の車両に轢かれてしまい、重症をおったようです。
逃走をはかる犯人は必死です。
目の前の障壁を何が何でも排除しようと理性をもたずに行動します。
本件での正義心・良心・勇気をもっての行動には、心からの敬意を表します。
しかし、2次被害がおきてしまっては悲しいばかりです。
状況をよく判断し、犯人及び逃走車両の特徴・服装・所持物・逃走方向etc..記録を速やかにとり、警察に連絡することが私たちの出来る最善策なのかなと改めて考えさせられました。
怪我をされた方の早期回復をお祈りいたします。

2017年07月24日